読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

機械学習, Rails, Androidが好きです - プログラマdogwood008のライフハック

最近のマイブームは機械学習, Ruby on Rails, Android、中でも機械学習を使った金融商品の自動取引に興味があります。

Kotlinの公式リファレンスを翻訳してみた(一部) - 基本文法

Kotlin 翻訳

f:id:dogwood008:20151018001028p:plain

Kotlinの公式リファレンスを翻訳してみました。まだ一部ですが、ぼちぼち進めていきたいと思います。


基本文法

パッケージの定義

パッケージの記述は、ソースファイルの先頭になければならない。

package my.demo

import java.util.*

// ...

ディレクトリやパッケージに合致する必要はない。 ソースファイルをファイルシステムの任意の位置に置くことができる。

Packagesを参照のこと。

関数の定義

2つのInt型の引数を持ち、Int型を戻り値とする関数:

fun sum(a: Int, b: Int): Int {
  return a + b
}

実体と推論された戻り値の型を持つ関数:

fun sum(a: Int, b: Int) = a + b

意味のある値を返さない関数:

fun printSum(a: Int, b: Int): Unit {
  print(a + b)
}

Unit型の戻り値は、省略できる:

public fun printSum(a: Int, b: Int) {
  print(a + b)
}

Functionsを参照のこと。

ローカル変数の定義

1度だけ代入できる(読み取り専用)ローカル変数:

val a: Int = 1
val b = 1   // `Int`型が推論される
val c: Int  // 初期値が与えられない場合、型指定が必要
c = 1       // 明確な代入

Mutable(可変)な変数:

var x = 5 // `Int`型が推論される
x += 1

Properties And Fieldsも参照のこと。

Stringテンプレートの使用

fun main(args: Array<String>) {
  if (args.size() == 0) return

  print("First argument: ${args[0]}")
}

String templatesも参照のこと。

条件式

fun max(a: Int, b: Int): Int {
  if (a > b)
    return a
  else
    return b
}

if{: .keyword }を式のように使用することもできる:

fun max(a: Int, b: Int) = if (a > b) a else b

if{: .keyword }-expressionsを参照のこと。

null許容変数の使用と null{: .keyword }のチェック

null{: .keyword }値を許容するのであれば、明示的にnull許容であると表記しなければならない。

もしstrが整数値を持たなければ、 null{: .keyword }を返す:

fun parseInt(str: String): Int? {
  // ...
}

null許容値を戻り値として返す関数を使う:

fun main(args: Array<String>) {
  if (args.size() < 2) {
    print("Two integers expected")
    return
  }

  val x = parseInt(args[0])
  val y = parseInt(args[1])

  // `x`, `y`はnullが入っていることがあるので、`x * y`はエラーを引き起こす
  if (x != null && y != null) {
    // `x`と`y`は、nullチェックの後自動的に非null許容型へキャストされる
    print(x * y)
  }
}

or

  // ...
  if (x == null) {
    print("Wrong number format in '${args[0]}'")
    return
  }
  if (y == null) {
    print("Wrong number format in '${args[1]}'")
    return
  }

  // `x`と`y`は、nullチェックの後自動的に非null許容型へキャストされる
  print(x * y)

Null-safetyを参照のこと。

型チェックと自動キャストの使用

is{: .keyword }演算子は、式がその型のインスタンスであるかを確かめる。 もし可変なローカル変数やプロパティが特定の型でチェックされれば、明示的にキャストする必要はない:

fun getStringLength(obj: Any): Int? {
  if (obj is String) {
    // `obj` はこのブランチ内では自動的に`String`へキャストされる
    return obj.length
  }

  // `obj` は型チェックが行われたブランチ外では、まだ`Any`型である
  return null
}

or

fun getStringLength(obj: Any): Int? {
  if (obj !is String)
    return null

  // `obj` はこのブランチ内では自動的に`String`へキャストされる
  return obj.length
}

or even

fun getStringLength(obj: Any): Int? {
  // `obj` は`&&`の右側では自動的に`String`へキャストされる
  if (obj is String && obj.length > 0)
    return obj.length

  return null
}

Classes and Type castsを参照のこと。

forループの使用

fun main(args: Array<String>) {
  for (arg in args)
    print(arg)
}

or

for (i in args.indices)
  print(args[i])

for loopを参照のこと。

whileループの使用

fun main(args: Array<String>) {
  var i = 0
  while (i < args.size())
    print(args[i++])
}

while loopを参照のこと。

when式の使用

fun cases(obj: Any) {
  when (obj) {
    1          -> print("One")
    "Hello"    -> print("Greeting")
    is Long    -> print("Long")
    !is String -> print("Not a string")
    else       -> print("Unknown")
  }
}

when expressionを参照のこと。

範囲の使用

in{: .keyword }演算子を使用すると、ある数が範囲内にあるかをチェックできる:

if (x in 1..y-1)
  print("OK")

ある数が範囲外かチェックする:

if (x !in 0..array.lastIndex)
  print("Out")

範囲内で反復する:

for (x in 1..5)
  print(x)

Rangesを参照のこと。

コレクションの使用

コレクション内で反復する:

for (name in names)
  println(name)

コレクションがあるオブジェクトを含むかを in{: .keyword }演算子で調べる:

if (text in names) // names.contains(text) が呼ばれる
  print("Yes")

関数リテラルをfiltermapのコレクションとして使用する:

names
    .filter { it.startsWith("A") }
    .sortedBy { it }
    .map { it.toUpperCase() }
    .forEach { print(it) }

Higher-order functions and Lambdasを参照のこと。